私たちの想い
高木千聖

■ 空港の雰囲気が好き、そして人の役に立ちたい

幼い項に海外に住んでいた影響で成田空港を利用する機会が多かったので、物心ついたころから空港の雰囲気が大好きで、いつか空港で働きたいという気持ちが自然と芽生えていきました。高校は外国語科、専門はエアライン科ヘ進み、エアライン知識はもちろんのこと接客業に就くうえで大切な身だしなみや接遇マナーを実践的に学び、航空業界で働ための勉強をしてきました。 ATSでは今まで学んだ事を活かすことができ、またインフォメーション業務を通して人の役に立てるという点が魅力的だと思い入社を決意しました。

■ お客様が困っていることを解決すること

私が担当しているインフォメーションは主に空港内の館内施設の案内や、フライト案内を行い、時間帯によっては電話オペレーターとしても業務にあたります。 カウンターでは拾得物が届けられたらお預かりしてパソコンに情報を入力したり、放送ではNAAや官庁からのお知らせ、お忘れ物の放送、また依頼を受けてお客様の名前をお呼び出ししたりと業務は多岐にわたります。一度に様々なことが起きて大変なこともありますが、落ちついて一つ一つ正確な案内をするよう心がけています。 また空港は変化がめまぐるしいので案内していた情報が変わることは日常茶飯事です。ですから、断定的な案内はせず、何かおかしいと思うことがあればホウレンソウ(報告・連絡・相談)をして事実確認をすることが大事だと実感しています。

■ 第二外国語も

高校時代に第二外国語として中国語を学んだことをきっかけに、中国語でのご案内も行っています。まだ基本的な会話しか出来ないので、言葉が通じなて思うような案内ができないこともありますが、わからないところは中国語が話せる先輩や中国人の後輩に聞いてクリアにしておきます。 空港という、すぐに実践出来る環境があることはすごく恵まれていると思いますし、案内をしてお客様の安心した顔や笑顔を見ることはやりがいに繋がります。 中国語の需要は高まっているので、これからもレベルアップを目指して頑張っていきたいです。

<< BACK   |   Message TOP   |   NEXT>>
企業情報
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 私たちの想い